9月10日に新刊が出ます(共著です)

_*【出版社である中村堂さんからのご案内】*_

これまでにない、「教育書」の誕生です。

「小学校の1時間の授業に込められた社会を生きぬく力」を次の方法で徹底分析します。

(1)菊池 省三氏の愛媛県松山市の小学校での1時間の授業を、  ①教育カウンセリング  ②コミュニケーション心理学(NLP理論)  ③選択理論心理学  ④チームビルディング(統合組織開発) の視点でひもときます。

(2)IT企業幹部、アナウンサー、市議会議員、企業人事担当者などによる、授業参観の感想をまとめていただきました。

(3)分析された授業動画を読者限定でYouTubeで何度も見ることができます。  映像提供 オフィハル(監督 筒井 勝彦)



_*【学校嫌いが無くなるよー。・゚・(ノ∀`)・゚・。】*_

多くの方に接している中で

『私、学校が嫌いです』

『勉強苦手なんですー』

とおっしゃる方々は少なくありません

でもね

本来人は

生まれたときから学習し続けているのです

生まれ持った才能なのです。

そこを

苦手や嫌いってなるのは

残念ながら

”学校”で苦手意識のプログラムが

ついちゃったんですね。

だから!

変えられるんです!!

優越感も

劣等感も

なく

友達とともに

学ぶ喜び

知る喜び

考える喜び

表現する喜び

貢献し合う喜び

を育みながら

コミュニケーションを取れる

喜びプログラムを創ることも!

それを

社会を生きぬく力は 小学校1時間の授業にあった (コミュニケーション科叢書2)

で紹介している



菊池省三先生の授業で

私は発見しましたー!!!














学校教育に関わるすべての人

NLPの生きた実例が知りたい人

是非見て読んでいただきたい内容。

絶賛ご紹介です!