自分はダメだと責めちゃうあなたに2

How happy R U?


自分はダメだ

自分は出来ていない

凹むとき



あーしていたら

こーしていたら

過去振り返り―の

反省モードに入っていること

あなたもありませんか



そして

自分に腹立てたり

鬱々と縮こまったり



この

想定してたように出来なかったときの

反省プログラム(パターン)文化は

日常で役に立たず

余計私たちの足を引っ張るので

止めたいですよね


え?反省するのは

当たり前じゃないの?


世の中が

反省しない人ばかりになったら

どうなるの?


と思いますよね



だから

よく振り返ってみてください


反省しろ!

今日はご飯抜きよ!

出ていけ!


と言われた時の事



相手があなたにしてほしいこと

つまり

相手の望み通りにならなかったこと

対処法が「お前反省しろ」

になっています


つまり

それしか相手には

対処法がわからなかったのです



例えば私たちが

言われた宿題しなかったなら

宿題したくなかったのです

宿題わからなかったのです

他に感心・興味あることがあったのです


それは自然なことです


けれども毎回

しないお前がわるい

できないお前はダメだ

の繰り返しを受けとると



しない自分がわるい

できない自分はダメだ



の自動反応プログラム

(NLPのProgram)

が出来ちゃって



私たち日本人が玄関に入ると

何も考えることなく靴を脱ぐように


N(5感情報の入出力):

する予定をしなかった

上手く出来なかった


L(意味づけ):

しない自分がわるい

できない自分はダメだ


P(自動反応プログラム):

気分が落ち込む

イライラする

関係者の前で縮こまる



というように

一切努力する必要なく

軽やかな活動から

遠ざかることが出来ます



なのでね

このNLPのパターンをどこかで

創造的パターンへ

変えていったら良いんじゃね?


と私は考えるわけです

そのために

NLPを使って欲しいなと思うわけです

(スィッシュなど役立つかもしれませんね)


いや、反省すべきでしょ!


とおっしゃられる方

イラついたり凹んだりしている

あなたの顔より


もっとこんな未来にしたくて

だって、そうしたらこんなに楽しいから

だから

どうやったらそうなれるかあなぁ

レイアウト変えてみようかなぁ

段取り見直してみようかなぁ と

ワクワクしているあなたの顔を


私は見たいなぁ





”私の志は

瞳を輝かせて生きる

大人たちで溢れる世界を創ることで

未来が楽しみでならない

子供たちで溢れる世界を創ることです”

読んでくださって

嬉しいです

素敵な一日でありますように