人が悩みを一人で抱え込んじゃう3つの理由

How happy R U?



福祉、教育、矯正施設、医療など

様々なところで

お話をさせていただく中で


困ったことになっている方のほとんどが

一人で抱え込んでいらっしゃいます

特に

健康面、財政面、法律に違反など

深刻な状態になっている方ほど、です



一人で考えるには

これまでの認知、知識、体験、思考グセ

から限界があり


結局

真新しいアイデアも行動も生み出されず

お困り状況から抜け出せません

ってことは

まあ誰しも経験していることでは

ないでしょうか



じゃあなんで

一人で抱え込んじゃう人がいるの?

ってことなんですが


一人で抱え込むにも3タイプあって

私も含め誰もが

多かれ少なかれ

どれかの傾向にあります



もしあなたが少しでも

生きづらさを感じていらっしゃるなら

一日でも早く

緩めて愉しい人生にされるのを

心からオススメします




一人で抱え込む3タイプとは

①言えない

②言わない

③聞かない



これらは全て私たちが

うっかり意識しないまま

潜在意識下で決めていることです




【①言えない】


これは昔の私ですね

潜在意識下のプログラムが

私に言わせないようにしていました


父に何か言って暴れるのが怖かったことから

大人の男性に

意見を言えなくなっていました


好きになるほど

親密になるほど

言えなくなっていくパターンです





【②言わない】


小学生の頃

家族の作文を書かれた体験は

あなたの場合いかがでしたか?


私は父というタイトルで作文書いて読んだら

クラスの雰囲気が変わり

周囲の友達に

『お前のお父さんひどいな』と言われたことが

とてもショックで心に残っています


なぜなら

それまでは父のことを

悪いともなんとも思っておらず

おそらく

子供らしく慕っていたからです


しかし

周りのビックリに自分もビックリで

”恥ずかしいことだ”と感じ

自分の話や悩みを言えなくなっていました


特に

自分の好きな人、もの、こと、場所

言わない傾向が高い


『これ好き❤』

『○○さんが好き❤』


と言うのにめちゃめちゃ抵抗があるから

友人には”秘密主義”と言われたり、ね






【③聞かない】


このタイプに多いのは

幼い頃の親子の勘違い事件から


「親の言うこと聞いても

 どうせ怒られる

 どうせ避難される

 どうせ褒めてもらえない


 だったらこれからは

 もう聞かんわ!

 自分のやりたいように

 やるんや!」


って決めたパターンですね



せっかく好意を持ってくれた人が

親身にアドバイスしても


無意識に

(本人はそんなつもりはないのです(泣))

デメリットを言ったり

出来ない理由をたくさん並べて

反論してしまうので


人が離れていってしまいます



相手は相談されたと思ったから

アイデアを言ったのに…

お礼を言われるどころか

愚痴・文句・言い訳ばかり聞かされて

疲れてもうイヤになっちゃう


あんまり会いたくないなー

と思われても仕方ありません





【じゃあどうするの?】


当オフィスの

セミナーやカウンセリングでやっているのは


①自分のコミュニケーションパターン/傾向を知る

②パターンを緩めて

 相手と状況によって選べるようにする


たった2つです


誰にでも

何でも

話すのも良くないです、そうですよね



だから

無意識下のプログラムを緩めて

自在に選べるあなたになりましょう






”私の志は

瞳を輝かせて生きる

大人たちで溢れる世界を創ることで

未来が楽しみでならない子供たちで溢れる

色とりどりの世界を創ることです”

読んでくださって

嬉しいです

素敵な一日でありますように