心から健康に?體(からだ)から幸せに?

How happy R U?


これまでずっと

NLPを使って

人間関係や

心の不調だけでなく


體の不調を生み出しているもとになる

心の不調和を整えることで

體の不調を改善することも

やっていました



他にも

効果がありそうで

特別難しくなさそうなことは


知識を得るだけでなく

自分で試して実感したものは

NLPご受講生様やクライアント様に

ご紹介/ご提供している私です



そんな私が興味を持って

この2年ほどゆっくり試してきたのが


”體(からだ)”


なんですよねー



なぜ體に注目かというと…


NLPでも


”心と体は有機的なシステム”であり

潜在意識は身体であり感覚・感情である

ことを利用して


体を使って潜在意識の書き換えを

よくやっています

それで

體に関しては

私がこれは絶対に皆に必要だと思った

武學の先生を招聘して


しなやかな自分軸を育てる月1レッスン

を続けてきました

  • 體が整うと気持ち/意識が変わること

  • コミュニケーションの癖が體の使い方に出ること

  • 體の状態で思考/行動の癖がわかること

から自身の状態/癖を知り

體をほんのちょっと意識して変えることで

気持ちも人間関係も決断も行動も

最善の私たちへなっていくことをしています



それでね

毎回発見があるんですが

やっぱり心からだけでなく

體から自他を理解するアプローチは

重要であり効果あるな

と思ったことがあるんです



しなやかな自分軸を育てる月1レッスン

特別レッスン:自律医療講座で


ペアになった相手に

體のあちこちを押してもらって

自分軸は保ったまま

回避する(受け流す)ワークをしている時


私は腰辺りを押されると

上手く回避できなくて

毎回同じパターンで行き詰まってました


指摘されて初めてわかるパターン!驚


つまり

「腰」回りへ届いたアクションに対し

反応/行動に柔軟性がないんです


これが何を意味しているのか…?



実は

人生で一番苦しかった時期に私は

しょっちゅうぎっくり腰を発症していました


しかし現在は

ぎっくり腰にもう5年以上なっていないどころか

ほぼ腰痛を起こしていないのは

小さい頃から無意識に溜め込んできた

恐れ/怒り/悲しみに気づき

思い切り開放したからです



陰陽五行では

恐れ/驚きが腰痛と関係している

と言っています


だから

恐れの感情は開放されたのですが


恐れへの対処法についてはそのままだったことに

腰回りへのアクションに弱いことで気づけました


今の恐れの原因にも気づけ

原因はNLPで解消したのですが


恐れへの対処法(反応/行動)として

私はほぼほぼ「縮こまる」方法に偏ってたんだなぁ


いやー、気づけて良かった


恐れることや恐れる相手に対して

縮こまるももちろん良し!

戦いたいなら戦うも良し!

逃げちゃうのも良し!

仲良くしていくのも良し!

さり気なく受け流すのも良し!

自分を整えて何もしないも良し!

笑い飛ばすも良し!

恐れている自分を観察して楽しむも良し!

誰かに話して意見を聞くも良し!

なんて選択肢はたくさんありますよね♪



それにしても

心と體は本当に面白いなぁ


心からアプローチしても

體からアプローチしても

どちらからでも

私たちはよりなりたい自分になれるようになっているんだなぁ


どちらからでもご興味あるほうから

一緒に楽しみませんか♪









”私の志は

瞳を輝かせて生きる

大人たちで溢れる世界を創ることで

未来が楽しみでならない子供たちで溢れる

色とりどりの世界を創ることです”

読んでくださって

嬉しいです

素敵な一日でありますように☆